チュニジアという国の名前の由来は、フェニキアの女神チュニスに由来します。
アフリカ大陸の北部にあり、リビアの北西部とアルジェリアの北東部に挟まれています。
チュニジアの北部や北東部は、地中海に面しています。

スポンサードリンク

チュニジア概要

チュニジアは、アルジェリア、モロッコ(リビアも含む場合もある)とあわせて、マグレブ諸国と言われます。
マグレブとは、「日の沈む西の果て」という意味です。

チュニジアの面積は日本の約5分の2。
国土の南部は、サハラ砂漠が広がります。
かつて、ここには、都市国家カルタゴがありました。
フェニキア人の貿易の基地として栄えていました。
今も、海岸の都市は、港町として発展しています。

独立後は、工業化し、繊維、食品、鉄鋼、石油化学などの工業が発達しました。
チュニジアは、世界的なリン鉱石の産出地なのです。
重要な輸出品です。
石油も産出していますが、あまりその量は多くありません。
農業はあまり盛んではありません。
けれど、小麦やオリーブなどは栽培されています。

近年になり、観光業に力を入れ始めました。
チュニジアを旅行する時は、ぜひ、楽しく快適な旅を満喫しましょう。

比較的豊富な観光資源に恵まれていますが、有機的な開発が進んでいるわけではありまえん。
失業問題もあり、社会不安は耐えません。
政府は、IMF(国際通貨基金)と世界銀行の指導に従い、経済構造の改革を推進しています。

現在は、ヨーロッパ人やペルシア湾岸産油国の一部の富裕層が、夏期の避暑地として、チュニジアを選ぶことが多いです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

チュニジア旅行:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://ryokou.9feg.com/tunisia/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。