モロッコには現在、ユネスコに指定された世界遺産が8ヵ所あります。
・ティトゥアンのメディナ
・アル・ジャディーダのポルトガル都市
・古都メクネス
・マラケッシュのメディナ
・アイト・ベン・ハッドゥ
・エッサウィラのメディナ
・フェズ・エル・バリの世界最大のメディナ
・ヴォルビリス

スポンサードリンク

モロッコの世界遺産メディナ

モロッコは、北西アフリカのアルジェリア、チュニジアと合わせてマグレブと呼ばれています。

マグレブの意味は、西方ということで、つまり日の没する土地ということを示しています。
日本は、昔、日の出ずる国よ呼ばれていたのをご存知ですよね。
ということは、日本とは対照的な国であると考えられますが、逆に、なにかつながりを感じさせるのです。

モロッコの町は、メディナと呼ばれる旧市街と新市街に分かれています。
メディナとはアラビア語で預言者の町を意味しています。

旧市街は、古い町並みで、7世紀にアラブ人が侵入してきたときにつくられた街です。
メディナは狭い路地がくねくねと迷路のようにつくられており、どれも人がやっとすれ違えるほどです。

そんな狭いところに、スークと呼ばれる商店街や土産物店、住宅が密集しているのです。
ここでは、みんながのんびりしており、商売を一生懸命やっているといった感じはみられません。
それもメディナの魅力に1つといえるでしょう。

一方で新市街は近代的で、19世紀に発展した街です。

モロッコの世界遺産の特徴は、現在も人が生活している街であることです。
そのため、史跡や建築物、そこに生活する人たちの息遣いを感じることができるのです。

そのことが、モロッコの世界遺産の一番の魅力といえるでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

世界遺産 モロッコ旅行:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://ryokou.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。